上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
この歌詞はドラム、トモが3 minutes RISEとして初めて手がけた歌詞。

世界平和や人種差別等、宗教問題や歴史ミステリー等正直人間という生き物が存在する限り解決される事のない問題をテーマにした。

1コーラス目では人種差別や戦争をテーマにしている。

Aメロで人種差別と戦争。

「僕と周りと何が同じ?
形、考え、種類、文化、神。
どこ取ったって全部違うじゃない?
ならもめたってしかたないじゃない、そう。

何が人をかりたてるのか、僕に教えて。
爆弾や鉄の弾、細菌とかアレコレ。
そんなんに使う金や知識、もっと他に使えない?ねぇ。
個人や国のプライドより考える事ってないですか?」

Bメロでそれに対するトモの考え。

「何も大それた事言おうってんじゃありません。
こちとらまだまだ若造です、だけどさ!
若造なりに思うとこだってあんじゃんか!
一般的に何かって?ご近所さんがこうだって?
何それ食べられますか?アナタの健康守れますか?
どっかの貧しい子どもや手足のない人救えますか?
結局皆自分事、人の本質忘れてない?だってさ!
住み良い環境や生活整えてばっかでしょ?!」


そしてサビではトモ自信が味わった自分の保身が相手をどれだけ傷つけるのかという事。

「Yesって人が生き残る社会。
Noって声が聞こえない世界。
そんなん間違ってるって思ったことないかい?
全部押し殺して生きるのが正解?
そんな人生楽しいかい?
俺はそんなん絶対嫌じゃい!
俺は俺のまんま生きたいんだい!
本当に生きてるって事したいんだい!!」

2コーラス目では私生活の幸せさと宗教問題、歴史への賛美。
ここではトモの歴史ミステリー好きな部分や都市伝説好きな面が全面的に押し出されている。

Aメロでは私生活の幸せさ。

「何がそんなに大切か?ってそりゃモチ生きる事。
楽しく平和で、「おはよう」いえる人がいる事。
辛い時気遣ってくれる友がいる事。
んでもって世界のミンナガ ヘイワ デ ハッピー ナライイナ」

最後がカタカナ表記になっているのには訳がある。

トモ自信そんな思想をかかげておきながら、1コーラス目で唄った「自分事」で普段を生活してはいないか。
いやしているのである。
タバコも吸うし、肉も食べる。
エアコンや車、自分の生活を整え、いかに住み良い感興を作るのかを錯誤している。
そんな考えている事とやっている事の矛盾、アンバランスさを表現したかった。

Bメロではそんな私生活の矛盾と宗教に頼りたがる人間への結局人間は自分と仲間の力で生きていくんだ!という批判的メッセージ。

「そうじゃないって違くてさ、いや、ほらほら、そうそう、アレ?何だ?
僕には君がいて今すっごい幸せなんだ!
それだけでホント良いんです、神様何も要りません
そうなりゃアンタ(神様)だっていらねっす、今も天空(うえ)から見てんスか?
何日断食しましょうが、3日後に生き返りましょうが、
今の人には勝てません、って言われちゃう前に何とかしません?
人を斬る道具や撃つ道具、なんちゃって俺がアナタ(神)の道具?
そこんトコどうなんですか?気になります、教えてよ!ねぇ!神様!!」

2サビでは宗教と中世ルネサンス期のヨーロッパを唄う。

「イェスって人が残した聖書(モノ)。
本(聖書)の中で語られた事。
信じるかそうじゃねぇかって自由なんでしょ?
自由なら何で問題起きんのさ!
信じたものに殺されたもの。
真実を描き隠されたもの。
ホントの事残したかったんでしょ?
貴方が残した絵(モノ)、俺は信じますさ!」

このサビに出てくる登場人物は2人。
イェス・キリストとレオナルド・ダ・ヴィンチ、その人である。
無神論者であるトモがイェスを批判するのではない。
イェスという人をめぐり宗教戦争や差別を起こした人たちを批判している。
「信じたものに殺された者」とはローマ教皇に裏切られ、13日の金曜日に虐殺されたテンプル騎士団。
「真実を描き隠された絵」とはレオナルド・ダ・ヴィンチの破壊されたと考えられていたが、ダ・ヴィンチの支持者であるヴァサーリによって隠されざるを得なかった「アンギアリの戦い」(戦争を生々しく描き過ぎた為に、完成したがローマによって破壊されたとされてきた)をさしている。
今でも上の意にそぐわない人間が会社でおそまつな扱いを受けるのと同じ事が中世ルネサンス期のローマの時代からあった。

ギターソロ後のバラードフレーズはトモの本心を語ったつもりである。
実際の演奏でもトモが唄う。
先にも述べた「人間は自分と仲間の力で生きていくしかないんだ」という無神論者のトモの率直な意見だ。

「神が何かって本当に重要?
実はそれってちっちゃくない?
重要なんはそんな事より、今生きている俺達が、
どうするかって事だと思うんですけど、どうですか?
もっと近くでお世話になっている地球(ひと)を………気遣いません?」

最後のサビはこの曲を象徴する言葉を並べた。

「YESって人が生き残る社会。
Noって声が聞こえない世界。
ちっこいプライド捨てちゃって、もうちょい耳傾けてみませんか?
イェスって人が言う隣人愛。
僕って人の持ってる思考。
信じるか信じねぇか自由なら、
信じようアナタが「生きた」っていう事実を」
我ながら無神論者丸出しであると思う。
最後のフレーズは「イェス」という神の存在ではなく、記述がある限り「イェス」という人間が過去に生きたという事実を信じるという事を言いたかった。
そして上司とか、年上とか、先輩とか、そういうちっこいプライド捨てて、学校や地域や会社で辛そうな奴沢山いるだろう?
そういう人に声かけてあげて?
俺もそういう人達にすごく助けられて、救われて、生きる事の楽しさ、会話する事の楽しさ、なによりPah(パー)になって騒ぐ事の楽しさを知れた。
だからこうやって今音楽を作れる。
家族やメンバーや友達に「おはよう」って言える。
人間生きていくのに神はガイドラインにしかならないんじゃないか?
天空から見てるだけだよ?
助けてくれるのは仲間、生きていくのは自分なんだ。

押しつぶされるな、弱者。
Pahになれ!生きた方が死ぬほど楽しいぞ!!
スポンサーサイト
2010.02.25 / Top↑
初めてご観覧される方はこちらの「前説」から読んで戴けると幸いです。



「前説」

http://freakytime.blog74.fc2.com/blog-entry-1.html



【B.F.F.】



愛とは何だろうか?



友情とは何だろうか?



それは人間が自ら認めてしまった自分たちの醜い「行為」を包み隠すためのオブラートでしかないと僕は考えている(2010年2月現在)。



通信技術の発達によって地上であれば地球上のほとんどの場所で通信が可能という現代。



どこかの国で災害や紛争が起こればその日のうちに情報が入ってくる。



そしてすぐに世界中が基金を募り、救援に駆けつける。



「なんと素晴らしい世界なんだ!」



「これこそ平和!」



笑える。



自分を犠牲にしてまで救援に駆けつける人はほんの一握りでしかない。



ほとんどの人が無関心か、100円の募金で「これが愛なんだ」と満足そうに笑みを浮かべる。



また人は目をつむって平和を祈る。平和の歌を歌う。



キレイな曲で、キレイな言葉を・・・



自分たちに入ってくる情報のほとんどがキレイに処理されたものだと知らずに。



いや、もしかしたら気づいているかもしれない。



いや、気づいているんだ。



だから「愛」というオブラートを使って真実(苦味)を飲み込むんだ。



環境破壊だってそう・・・



ほとんどの人が破壊に目を向けようとしない。



ほとんどの人が破壊の端っこに輝く微かな光ばかり求めている。



そこにすがってあとは誰かが全部やってくれると信じている。



誰かが犠牲になってくれると信じている。



信じている。



そう、「信じてる」といえば、僕はバンドのメンバを信じている。



いい奴らだ、本当に。



優しくて、いっしょにいるとおもしろくて・・・



でもそれは「友情」というオブラートで包んだ表面だけの感情だと思う。



勇気を振り絞ってオブラートを破ってみるといい。



「メンバは利用価値のある僕が音楽をやっていく上で必要な存在だ」



これが中身だ。



家族も友達も恋人も・・・



誰に対してもオブラートを破ればこんな中身が出てくるはずだ。



きっとこの中身に例外はない。



そんなことはない!



っと、思いたいけど、それを認めてしまえば「なんと人間世界は上手く機能しているんだ!」ということに気が付く。




「犠牲になんてなるな!自分の目標に向かって犠牲の上をまっすぐ進め!」




「欲望を糧に痛みを乗り越えろ!それが人間世界だろ!」




目をつむっている間に「平和」は壊れてくれる・・・。





【B.F.F.】



そう、世界は広がった。つまり全人類が繋がった。ピースフルな世界では、みんな幸せの中暮らしてんだ。


Please,stand up!歌おうか?目をつむって平和の歌。Come on,Listen up!聴こえるか?NOISEを削って澄んだ歌。



人の上に乗っかって、夢の続き描いちゃって。


必要なモノだけ持って、We go straight road!


限りない欲望が君の感情なんて奪っちゃって。


痛みすら知らねぇ、そんなThe human world!



I believe 支え合っていこう。苦しい時もどんな時も。雲が太陽を隠しても。ライトで拡がる大きな希望。


巡り会って重なって。手を取り合ってひき合って。夢と現実相まって、目覚めて迎えるLast day!




人の上に乗っかって、夢の続き描いちゃって。


必要なモノだけ持って、We go straight road!


限りない欲望が君の感情なんて奪っちゃって。


痛みすら知らねぇ、そんなThe human world!



Please,stand up!歌おうか?目をつむって平和の歌。Come on,Listen up!聴こえるか?NOISEを削って澄んだ歌。

Please,stand up!歌おうか?目をつむって平和の歌。Do you understand!?意味ねぇんだ。目をつむった平和の歌。




人の上に乗っかって、夢の続き描いちゃって。


必要なモノだけ持って、We go straight road!


限りない欲望が君の感情なんて奪っちゃって。


痛みすら知らねぇ、そんなThe human world!





2010.02.21 / Top↑
僕が歌詞を書く上で、最も意識していることは「真ん中」だ。



常に心を「真ん中」に置いて歌詞を書いている。



色で例えるならば「灰色」である。



黒と白のその間。



どちらかに偏ってしまわないように・・・(その考え方自体が偏っているのかもしれないが・・・)。



悲しい歌詞であれば喜びの要素を加え、喜びの歌詞であれば悲しみの要素を加える。



裏があれば表があり、光があれば影もある。



そして、その間にこそ真理がある。



矛盾にこそ真理がある。



光と影が存在するという矛盾。



その矛盾が全ての存在を証明している、と僕は考える。



そういった考えの下に書かれた歌詞にみなさんはどこかもどかしさを感じるかもしれない。



「いったいどっちなの?」



「っで何が言いたいの?」



っと。



確かに偏った歌詞には多くの人を魅了する力がある。



しかし僕は「言い切らない」。



絶対に「真ん中」立てられたポールから手を「離さない」。



視野が狭くなってしまうことが何よりも怖いからだ。



もし音楽というものが、歌うことが、歌詞を書くことが僕の視野を狭めると感じたら、



「真ん中」にいることができないと感じたら、



僕はすぐに辞めてしまおうと思っている。



「真ん中」にいること。



それは歌詞を書くことだけのことではなく、



人生そのものだからである。











次回からこの歌詞解説を始めるにあたってみなさんに事前に了承して戴かなければならないことがある。

ここで紹介する歌詞とその解説に関しては僕の独断であるということである。

誰かの気持ちや考えというものに対して一切の配慮をしていない。

だから不快に感じる方もいるだろう。

「曲はイイのに、歌詞がこんなんだと思わなかった!」、ということもあるかもしれない。

それはそれで仕方ないと思う。

しかしメンバはそんな僕の「やり方」を推奨し、思想の自由を与えてくれている。

歌詞も含めて3minutes RISEの曲として聴いていただけたら幸いである。




2010.02.10 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。